teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 「ペイフォワードチケット」を作ってみては?(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


私もやってみます

 投稿者:自然体  投稿日:2009年12月28日(月)21時39分17秒
返信・引用
  私もこの映画を観て感動しました。自分の出来ることで人が幸せになってくれれば本当に幸せに感じることが出来ると思います。今現在、「営業力UP」の研修講師をしています。このシステムを取り入れ多くの人に幸せになってもらおうと思っています。まず3人の人に研修をプレゼントしてみます。  
 

感謝の気持ちを…

 投稿者:ミリアメール  投稿日:2009年12月20日(日)13時08分22秒
返信・引用
  感謝の気持ちをペイフォワードしていきたい。
そうすれば、必ず素敵な世界になるから。
忘れないで欲しい、生きていることで一日100人の人に自分が影響を与えていることを。
 

9年ぶりにみました!

 投稿者:KEN  投稿日:2009年11月24日(火)01時16分58秒
返信・引用
  この言葉が印象に残りました!
「人を助けるには、じっと観察してみないとだめなんだ
 じっと観察していると相手が本当に何を望んでいるかわかる」
「日々のくらしに慣れちゃって変わらなくてもいいやと思っている人もいる
 でも、そういう人は負けだ」
善意の押しつけでなく、本当に相手が望んでいることを
難しいかもしれないけれど、勇気を出してやってみる。
だから、受け取った方は「揺り動かされる」のでしょう。
 

うれしいです

 投稿者:こころ  投稿日:2009年11月23日(月)18時00分43秒
返信・引用
  何年前でしょう、この映画をDVDで見てから、私の一番好きな映画になりました。今まで私が求めていた思いと一つになったからです。多くの人にrecommendしてきました。先日も見たばかりです。今日、このホームページを見つけ、こんなにペイ・フォワードのファンがいることを嬉しく思いました。社会の先生がおっしゃった「think of an idea to change our world - and put it into action 」これは、私たちに投げかけられた言葉だと思います。  

なるほど

 投稿者:ahahaくらぶ  投稿日:2009年10月 3日(土)11時05分49秒
返信・引用
  私も日野原さんの本からこのペイフォワードを知り、レンタルビデオで見ました。何年も前から知っていたのですが、なかなか実行に移せずにいましたが、とうとう見ることができました。
「プチ紳士、淑女をさがせ。」「ギブアンドギブ」という同じような活動をしている方(志賀内泰弘さん)を知り、少しずつでも広めようと自分なりにやっています。これからは「次の人に渡して・・・」と言ってみようと思います。
 

(無題)

 投稿者:呼びかけ人  投稿日:2009年 9月14日(月)22時33分4秒
返信・引用
  >「情けは人のためならず」と言うことわざがあります。

そうです。まったく、その通りです。
「情けをかけるのは、相手のためにならない」は不正解。
「情けをかけるのは、人のためでなく、まわりまわって
ひいては自分のため」=正解です。

この運動が少しずつでも、みなさんの心に足跡を残して
いってくれていることを、心より嬉しく思います。
 

偶然

 投稿者:玉やんメール  投稿日:2009年 9月14日(月)22時26分10秒
返信・引用 編集済
  偶然「ペイ・フォワード」を見る機会があって、どんな映画なのか検索してこのサイトをしりました。

偶然見ないと、わからなかった、気づかなかった、考えても見なかった話です。

日本には意味を勘違いしている人もおおいとは思いますが「情けは人のためならず」と言うことわざがあります。

まさに、その通りだと実感しています。

http://www.zebrasoft.co.jp/blog/index.php?e=245

 

このHPに感謝します

 投稿者:41歳退職  投稿日:2009年 9月12日(土)19時12分21秒
返信・引用
  前途洋々の大学生のころならわかりませんでした。私自身依存症で、大きな迷惑を世間様にかけました。さらに躁うつ病が重症化し勤務継続できず退職しました。
この映画の麻薬中毒患者の青年の気持ちに最も重なります。青年が自殺寸前の女性に”You have saved my life!”と言うシーンから、この”厚意”のニュアンスが変化し始めました。
アダルトオチルドレンの先生、アルコール依存症の母、父・・・・みんな絶望的重症患者ばかり。
しかし日はまた昇り、全ての人を分け隔てなく照らしてくれています。
先生のせりふ”私を、暗闇に置いていかないで欲しいんだ!”
見えないけれど、宇宙にはクウォークの光が充満し、聞こえないけれど大きな音がこだましています。誰も見捨てられてはしない。
生を受けたことに感謝し、トレバー君の言う美しい未来を私は信じることができます。

http://uutanokayama.seesaa.net/?1252749786

 

21歳大学生

 投稿者:LASベガス  投稿日:2009年 9月 3日(木)16時31分20秒
返信・引用
  この映画は、今年の夏にアメリカに旅行に行った帰りの飛行機のTV映画のカテゴリーに入っていたので、何となく見てみました。
サブタイトルの可能性の王国ってどういう意味だろう?って思ってたんですが、中盤のオリバークンが考えた自由研究を進めていく中で、理解出来ました。僕が小学生の時には、絶対考えつかなかったでしょう。
単純かつ明解、そしてもっとも速く平和へと導いてくれる運動だと確信しました。
この映画の素晴らしい所は、すべての登場人物が何かしら問題を抱えていて、
そんなアンハッピーな人生の中、一人の幼い純粋な少年が劇的に彼らの人生を変えていく所です。
僕が一番衝撃を受けたシーンは、お母さんの素行にウンザリしていると嘆いたオリバーがアル中で男癖の悪いお母さんに引っ叩かれる所です。あのシーンでグワッ!ときました。自分にも悪い部分があるので、そこを突かれた感じがしたのです。
とにかく、見返りを求めない善意というのは、とても良い事です。見返りなんて考えちゃだめだ!とにかく、前に善意を渡す。そうすれば、いつか知らない内に帰ってくるんだ。そいう事です。
普段は、僕は書き込みなんていつもしないでHPを後にすることが多いのですが、ここのHPには、書こうと思いました。
 

自分に出来る事

 投稿者:次へ渡そう  投稿日:2009年 9月 2日(水)15時53分46秒
返信・引用
  この映画を観てから7~8年。
このサイトに見つけてから1年。
やっとHP/ブログを立ち上げましたので、リンク貼らせて頂きました。

私に出来る事を、次へ渡していきたいと思っています。

http://a94s.at.webry.info/(ブログ)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~a94s/(HP)
 

いのちびろい

 投稿者:どじょっこ  投稿日:2009年 8月11日(火)12時40分36秒
返信・引用
  7/18に投稿した、どじょっこです。私のペイ・フォワードは挫折しようとしていました。
一応ここ一年以上取り組んでいたことだったんですが、いろいろあって、難しい立場になってしまい・・・(何かが間違っていたんでしょうね。それが何だったのか・・・)
混乱した気持ちでここ数日を過ごしていたところ、先日交通事故にあいました。自転車に乗って横断歩道を渡っていたところ、左折車に巻き込まれました。ところが、右ハンドル先が車体にぶつかり転倒したので、私も自転車も無傷でした。あと少しでも、前か後にいたら、怪我がまったくないということにはならなかったでしょう。反対車線になぜか白バイのおまわりさんがいて、ものの何十秒後に飛んできて、速やかに事故処理もしてくださいました。
不思議な体験でした。
「生きている」のではなく、「生かされている」という言葉を聞きますが、本当にもっとそれにふさわしく生きていくことが大切なのかもしれませんね。
 

私も一人の力を信じています

 投稿者:小野寺京子メール  投稿日:2009年 8月10日(月)10時15分15秒
返信・引用
  この映画を知って、私達もトレバー君と同じような気持で日常をおくっていることの再認識が出来ました。諦めずに明日の自分の可能性を信じて生きてゆきたいと思います。総選挙でアメリカ人がオバマ大統領を支持した根底ある気持にも「ペイ・フォワード」があるからだと思います。私も小さな頃、祖母から「親切をしてもらったら、その人へ返さなくてもいいから、自分の嬉しかった気持を他人にしてあげなさい。」と言われて育ちました。世の中が悪いと嘆くよりも自分が真実だと思うこと、自分が正しいと信じることを実践したいという気持がますます強くなりました。多くの勇気をトレバー君からもらい大変感動しています。今は、自分達の生き方が「これでいいのだ!」というお墨付きを頂いたようで大変嬉しいです。ペイ・フォワードは世界中に通じることだと思います。後は実践者を一人でも多く増やしてゆくことが世界の課題だと思います。

http://jizaikama.jp

 

ずっと心に残っていました

 投稿者:あすかてるメール  投稿日:2009年 7月21日(火)23時37分22秒
返信・引用
  この映画を見た時から素晴らしいことだと思っていました。今回、検索してみてここにたどりついて、やっぱり同じように心を打たれた人がいるんだと感動しました。でも、一方でこういう運動が誰もが知っている程になっていないのにも不思議な気持ちもあります。接客業に携わっているので、何かのきっかけがあればお客さんにこの映画の話をしています。有名な映画でも知らない人が沢山います。コツコツとそうして生きていこうと思います。  

感動!

 投稿者:どじょっこ  投稿日:2009年 7月18日(土)23時44分49秒
返信・引用
  日野原重明先生の、今日の「いのち」のつかい方~ペイフォワードな生活のすすめ(主婦の友社)という本と、映画の「ペイフォワード」を図書館で、偶然、同時に借りまして、とてもはまりました!
映画は、ちょっと荒唐無稽にも思えましたが、日野原先生のペイフォワードな人生を教えられて、私はクリスチャンなのですが、私が受けたものをを、誰かにペイフォワードしたい。そんな思いを持ちました。何ができるかはわかりませんが、出来ることから・・・!
 

できること

 投稿者:むらっち  投稿日:2009年 7月18日(土)21時53分8秒
返信・引用
  自分に今できることを考え

会社のスピーチで「ペイ・フォワード」について発表することにしました。

一人でも多くの人にきっかけを与えることが出来ればと思います。
 

受け取りました。

 投稿者:  投稿日:2009年 7月 6日(月)10時30分38秒
返信・引用
  友人に「どうしてこんなにしてくれるの?」と聞いたら、この映画のことを教えてくれました。
確かに次(私)に渡してくれた友人を見習い、私も誰かに渡したい。
 

ちょうど考えてました。

 投稿者:薫 Kaoru  投稿日:2009年 6月27日(土)20時51分0秒
返信・引用
  人から優しくされると、自分もすごく優しくしたくなって。
優しさとか幸せとかって伝染するものなんじゃないかと思ったんです。
それで昔見たペイ・フォワードを思い出して、自分のブログにリンクしようとしたら…
このようなサイトがあったんですね。ブログにリンクさせていただきます。
きっと夢物語ではなく、少しずつ優しい思いは広がっていきますよね。

http://colorfullife.deci.jp/index.html/

 

ありがとうございます!

 投稿者:akemi  投稿日:2009年 6月24日(水)09時43分51秒
返信・引用
  ぜひぜひ 参加します!
厚意の手渡し 本当に ステキな言葉の響きです。

いつでも どこでも 誰にでも できるちょっとしたこと。

なんてことのない日常がハッピーになれますね☆

本当に感謝です。
 

少年もオトナに。。。

 投稿者:PIROSHI  投稿日:2009年 6月23日(火)18時53分5秒
返信・引用
  ハーレイジョエルオスメント君ももう大学生。飲酒運転で保護観察処分というのも、これもまた時代の流れなのでしょうか?誰しもがオトナになって、こういった厚意のバトンを忘れてしまうのですね。
このサイトを見てまた明日から人になにか与えたい・・・そう思いました。

http://www.yoyogicafe.com/

 

(無題)

 投稿者:hikaman  投稿日:2009年 6月19日(金)19時16分51秒
返信・引用
  私はこのことを知ってもらうために学校に提出する作文にこの話を書きました。少しでも多くの人にしってもらえたらいいなと思います。小さなことからやっていきたいとおもう。  

レンタル掲示板
/11