teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 土浦市文化財愛護の会写真部掲示板(0)
  2. 土浦市文化財愛護の会写真部交流掲示板(0)
  3. 土浦市文化財愛護の会写真部掲示板(0)
  4. 土浦市文化財愛護会写真部掲示板(1)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ポピ-の共演

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 5月22日(月)19時02分35秒
返信・引用
  今朝3時起きして下妻市の小貝川ふれあい公園へ家内とはせ参じた。80人近い自称(我々も同類項だが)横一列に三脚を立ててその瞬間を待ち望んでいた。何とかその隙間に2本の三脚を立てさせてもらいじっとご来光を待ち望む。20分ほどの撮影時間、D5600の家内はほぼ満足の様子。帰宅して朝食もほとほどに早速画像処理。ハ-フNDフィルタ-の威力が歴然と。B1サイズの西ノ内和紙へプリント。幻想的と珍しく家内からお褒めのことば。6月つくば美術館で執り行われる、「和紙に親しむ作品展」用にしつらえた既存の作品と差し替える。どの程度まで来館者の方々にアピ-ル出来るか?またまた楽しみができた、今日の真夏日の一日だった。

 
 

銀座柳まつり

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 5月 8日(月)16時26分52秒
返信・引用
  先週どうしても覧たい江戸時代に作成された萩焼の抹茶茶碗、10分以上ただ呆然と見入った。その形、私が考えもしなかったデザイン。これでも抹茶茶碗として通用するのか?と。どうしても口当たりが悪そうと。興奮冷めやらぬ一時だった。現在萩の土を使って抹茶茶碗を作っているのだが、はたして参考にすべきかどうか。その後第11回銀座柳まつり見学して帰宅となった。  

活動団体支援サイトのご紹介

 投稿者:catch1普及推進事務局  投稿日:2017年 5月 6日(土)21時32分45秒
返信・引用
  ホームページを拝見し、活動団体様へご案内のお問合せ配信をさせて頂いております

今回、大規模活動団体様でも使われている信頼のサービスを大々的に公開するものです

メンバー様からの集金や、OB様、関係者様からの寄付(クラウドファンディング)の受付等ができます

メンバー様同士のコミュニケーション機能も充実しています

幹事様のご負担を軽減できますので、多くの団体様からご好評を頂いております

会費などの現金のやり取りもなくなる、日本唯一のCRM&Fintech融合サービスです

もしご興味があればぜひ!一度ご覧くださいませ

https://sasuga-ob.com/member/entry/lp?afcd=049771552016101700000056

今なら会員登録無料!まずは会員登録をして機能を確認してみてください

皆様のご活躍を祈念しております

https://sasuga-ob.com/member/entry/lp?afcd=049771552016101700000056

 

常陸大津の御船祭

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 5月 5日(金)16時33分35秒
返信・引用
  国指定重要無形文化財に指定された常陸大津の御船祭、家内が見たことないというのではせ参じた。勿論電車利用、往復一杯飲めるから。BOZUMANさんに現地で偶然あった。素晴らしい作品投稿されるのではと期待していたのだが。ゴ-ルデンウイ-クということもあってか新聞記事では約15万人の人出とか。さば読んでいることは間違いない。あんな狭い通りにそれだけの人がいたら身動きなどとれない。  

淀川ツツジ

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 4月27日(木)16時24分52秒
返信・引用
  19日旅に出るとき、数輪しか咲いていなかった庭の淀川ツツジ帰宅したらほぼ満開。我が家の庭には種々の花木が十数本ほどあるが、私はこの花木が一番気に入っている。紫色・八重の花びら、そしてかすかな香り、後数日楽しめるだろう。この原種が対馬にあるはずなのだが、道中お目にかからなかった。  

フォト霞ヶ浦二人展

 投稿者:かずおっち  投稿日:2017年 4月27日(木)07時34分9秒
返信・引用
  4月22日~5月6日(土)まで、土浦ピアタウン1階フードコートで開催されています。今回は豊崎千枝子氏「雅(みやび)」4点、斉藤心伸氏「桜咲く」4点が展示されています。  

九州離島巡りツア-

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 4月24日(月)19時09分44秒
返信・引用
  先週、3泊4日の対馬・壱岐・五島列島ツア-に、家内帯同で幸運に恵まれ参加することが叶えられた。晴れ男なのか晴れ女なのか4日間コウモリ開かずの旅に恵まれた。それにしても朝鮮人の多いこと、釜山から対馬までフェリ-で1時間足らず、4000円ほどの料金で渡航出来ると。対馬の観光客の7割は朝鮮という。日本人にもっと観光してほしいというのが本音のようだ。でも、3島この行程では無理がある、最低10日はほしい、ただそれなりの魅力ある観光スポットがあるのか?と考えると少々疑問に、私事ながらリピ-ト?。移動にも無駄がある、壱岐-五島飛行機なら多分30分で行けるだろうが朝の1便だけとか?。現実は、ジェットフォイルで博多港へ、そして高速バスで長崎港へ、そこからまたジェットフォイルで五島福江港という行程、半日近い移動となる。昨年の利尻・礼文に始まり、今回このツア-、丈夫な身体であったなら来年は石垣・宮古を訪ねたい。八丈島は船酔いでごめん。はたして全国制覇可能か?
 

うな重

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 4月 3日(月)18時45分58秒
返信・引用
  柴又河内家のうな重に魅せられて、柴又と東京五大桜見学ツア-に参加してきた。2800円のこのうな重、これが期待していた、我が家の5倍はあるだろう300坪近い座敷のある?約250年続く老舗うなぎ屋の品物なのかと。前の日長年世話をした叔母の1年忌で水戸へ行った。忌中払いは地元の老舗うなぎ屋、その食感・味・ボリュ-ム、多分値段は同じだろう、雲泥の差だ。柴又の店には、もう二度と敷居を踏むことはないだろう。柴又駅前で「さくら」に会ってきた。
 

並び地蔵

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 3月17日(金)16時22分24秒
返信・引用
  昨日、改修なった日光東照宮陽明門撮影行を試みたが、本命は慈眼寺の並び地蔵(化け地蔵)の撮影だ。含満ヶ淵にある地蔵群だが約100体、それぞれの表情・姿をしていらっしゃる。その姿・表情一日いても見飽きない。通路は凍結、さぞかしお寒いだろうなと後ろ髪引かれる思いでたちさった。  

陽明門

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 3月16日(木)18時55分28秒
返信・引用
  今日16日、たまたま休暇の息子の運転で家内帯同新開通した圏央道、つくば牛久ICから一路日光へ。改装なった日光東照宮陽明門の見学。大勢の観光客でごった返している。この前家内と訪ねた時は修復中だった。陽明門をくぐり、拝殿そして石の間の本殿参拝、息子は中学時代の修学旅行でも本殿参拝はなかったと感激ひとしお。そして、眠猫の彫刻のある山門をくぐり、東照公眠る奥宮へと足を伸ばす。ここでも息子は大感激ひとしお、修学旅行でははたせなかった聖地。家内と息子、鳴き竜を体験させ輪王寺、逍遙園など見学、息子をランチに連れて行きたかった明治の館へ誘う。勿論注文はオムレツライス(ここではオムライスとはいわない)そして濃厚な味わいのコ-ヒ-。息子大満足。私はエビスの黒ビ-ル(エビスの黒がおいてある店は私の知る限り銀座ライオンチェ-ンくらいだとおもう)周りを見回しても大半の客はオムレツライスをほおばっている。シチリア島タオルミ-ナで、家内とランチした時食したあの美味だったオムライス以来味わう一時だった。幸せ幸せ。
 

取材

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 3月12日(日)16時40分51秒
返信・引用
  今日は休日、近くの大型ス-パ-さぞかし混んでいるんだろうな?と想像しながら、カメラ片手に訪ねてみた。駐車スペ-スを探すのにも一苦労の大混雑。私にとっては大満足、店内1Fから2Fと移動しながら被写体探し。銀座には足下にも及ばないがまあまあのものを数ショット収めることが出来た。はたしてコンテストへの出展は? 今日は大相撲大阪場所初日、新横綱稀勢の里は?ハラハラしながらのテレビ観賞、いつもより酒量が上がるのでは?


 

東日本大震災

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 3月11日(土)16時37分2秒
返信・引用
  東日本大震災・福島原発事故がおきてから今日で6年、あらためて亡くなられた方や未だに行方不明になっている方々に哀悼の意を捧げたい。この日が来ると、私は家族の震災談義の仲間に入れない。あの日あの時刻、私は南米マチュピチュ遺跡の上に立っていた。帰国後、あの事件を風化させまいと、自撮りマチュピチュ遺跡作品をパソコンの壁紙にしいてる。  

鹿島神宮祭頭祭

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 3月 9日(木)16時56分4秒
返信・引用
  快晴のまあまあ小春日和のなか、春一番鹿島立ち、多分これが最後の撮影になるのではと、家内と鹿島神宮祭頭祭見学に行ってきた。左方と右方の二部落、総勢800人前後の参加者、派手に着飾った祭り衆が六尺の樫棒を組んでは解きしながら街中を練り歩く。4年ほどこの街に住んでいた家内は中学・高校時代毎年見学していたが、私の高校時代は、この時期まだ春休みに入っていないため、帰宅不可能。当時はもっと多い祭り衆が練り歩いたはずと、家内の解説。  

スペシャルセミナ-

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 3月 5日(日)11時23分35秒
返信・引用
  4日、西新宿にあるエプソンEPSITEに家内と赴き、写真家清水哲朗氏によるスペシャルセミナ-に出席した。1時間ほどのレクチャ-だったが、はたして感銘を受けたか?疑問をもって退出した。41歳という年齢でカメラはオリンパスのミラ-レスを使用しているという。体力の面から軽くて持久力も伸びるとのお話。定評あるズイコ-レンズもプラスになっているのではと想像した。ランチはしばらくぶりでの新宿中村屋グランナでのインドカリ-定食、美味だった。その後新宿・銀座での作品探し。
 

階段飾りのおひな様

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 2月27日(月)11時05分51秒
返信・引用
  26日、たった一日だけの階段飾りのひな祭りに大子町を訪ねた。しばらくぶりで水郡線乗車、車窓の風景を肴に一杯やりながら家内との旅を楽しんだ。十二所神社境内の百段の階段に約千体のおひな様が飾られる。ただ階段中央の手すりを挟んで、観光客が通り抜けが出来るようスペ-スが開けられている。安房勝浦市の遠見岬神社境内階段に、びっしりと飾られるそれとどちらがよいか?観光客としては、階段を上りながら一体一体観賞できる大子町に軍配を上げるだろう。しかしカメラを扱い私としては被写体的に安房勝浦に軍配を上げる。順番待ちで300人近い観光客、それに混ざって階段下までたどり着きファインダ-覗いても人の背中が中心。帰り道袋田の滝へ寄ったが氷結なし、水量も少ない。水戸駅構内の売店に頼んでおいた印籠弁当受け取りそそくさと帰宅。
 

美人梅?

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 2月25日(土)16時32分27秒
返信・引用
  我が家の猫の額のような庭に4本の梅がある。その4本目の梅「豊後梅」が咲き出した。私が美人梅といっている梅、蕾み野時は濃いピンク色、蕾みが割れ花芽が顔をのぞかせる。ピンクがかった白地の花芽だ。そして完全に開花するとほほに紅が指したような、いかにもはにかんでいるような風情を見せる。美人梅といっている所以だ。  

雪景色

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 2月 8日(水)16時40分48秒
返信・引用
  ヤフ-の週間天気予報をある程度信用して兼六園撮影行、7日に試みた。家内帯同、4万5千円近い交通費をかけ金沢へ乗り込んだ。糸魚川を過ぎると雪模様、立山はかすんで見えない、そして日本海もどんよりと鉛色。これは素晴らしい撮影行になるかなと。ところがどっこい、金沢に降り立って見ると積もった雪は全く見られない。時折り思い出したように大粒の雪がちらつく。しかし雨傘は不必要。せっかく高い交通費を払ってきたのだからと、一路兼六園へ。雪はちらつくが積雪の振り方ではない。かろうじて茶室の屋根に白いものが覆っていた。そそくさと退散、バスの中で地元の叔母さんと暫し会話、一週間位滞在しないと多分無理ですよといわれてしまった。昼食に加賀料理のミニ会席膳を地酒を飲みながら堪能したのがせめてもの慰めか?もう訪ねることはないだろう。寒い金沢の一日でした。
 

立春

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 2月 4日(土)15時01分44秒
返信・引用
  座敷前の伽羅のなかに、春を待ちかねている一株のす水仙がある。多分明日のの雨の後に開花するだろう。昨年までは、庭のあちらこちらに顔をのぞかせていたのだが、雑草と一緒に処分してしまったようだ。家内は何にもいわないが、多分頭の中はカッカしているのでは?来週6・7日金沢雪模様、北陸新幹線開通のおかげで7度目の正直、雪の兼六園がカメラに収められるか?

 

作品探しの旅

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 1月30日(月)17時04分15秒
返信・引用
  29日(日)、陶芸を教授いただいている先生の作品展見学に、家内と東京新橋まで出向いてきた。それだけではもったいないと、先ずは池袋・新宿へと足を伸ばす。そして銀座界隈散策をして作品展へ。やはり銀座は垢抜けした街だ。それに比べ池袋・新宿はださい、若者中心の街なのか?走行歩数14,500歩。
 

夕景富士山

 投稿者:seiwagenji  投稿日:2017年 1月26日(木)16時25分11秒
返信・引用
  昨日快晴の冬寒のなか、夕方一路筑波山目指して車を走らせた。夕焼けのなか富士山が見えた。三脚をたて、家内と20分ほど無言のままシャッタ-を押し続けた。多分今冬最後の夕景ではないか?
 

レンタル掲示板
/40